Demo3DVR for SOLIDWORKS


「Demo3D VR for SOLIDWORKS」は、SOLIDWORKSのVRアドオンになります。SOLIDWORKSで作成したモデルをアドオンのボタンを押下するだけでVR機器(HTC-ViveとOculusRift)で表示することが出来ます。CADデータの周囲、内部を移動(テレポート、徒歩)したり、スケールを変更して確認することが出来るため、ディスプレイ上では不可能なモデルの検証が可能となります。
加えて、Emulate3D2018の新機能「CAD Is The Model」の機能の一部が追加されており、アドオンのみでCADのパーツやアセンブリにジョイント(可動部)を定義し、VR環境下で動作させることが出来ます。

また、SOLIDWORKSのCADデータをraw3dフォーマットで保存することが出来るようになりますので、Demo3DViewerが使えます。
下記動画はEmulate3D社が提供している動画を和訳したものになります。

VR機器


VRを利用するためには別途VR機器をご用意ください。ハイエンドVR機器で有名なものはHRC-ViveやOculusRiftとなっております。


以下のページからVRハードウェアについての資料とVR機器とDemo3Dの接続方法についての資料をダウンロードできます。
 → VR空間認識

ライセンス形態


Demo3D VR for SOLIDWORKSでは以下3つのライセンスがあります。

  • Evaluation(無料評価版)…1回につき30秒起動するライセンスで、機能に制限はありません。
  • Trial(無料体験版)…7日間限定のライセンスで、全ての機能をお使い頂けます。起動にはオンライン環境が必須となります。
  • Perpetual(有償版)…永久版の正式ノードロックライセンスです。初回のみオンラインでのアクティベーションが必要になります。

※ノードロックライセンス…ソフトウェアをインストールしたコンピュータ本体以外ではライセンスを使用出来ません 。
※インストーラは現ページ下部のフォーム入力後にご案内致します。

資料


ダウンロードは「Demo3D VR for SOLIDWORKS資料ダウンロード」から可能です。

ライセンスのお申込みはこちらのフォームからご依頼ください!