[Emulate3D]DXティーチング


作業機器の現地調整・ティーチングに課題を感じておりませんか?

・現地での調整に1~2日ほどかかり移動費や宿泊費のコストがかかる
・ティーチング作業を行える技術者の手配にコストと時間がかかる

・調整時生産ラインを止めてしまう

こういった課題に対して広く利用されているのがオフラインティーチングです。

オフラインティーチングとは?

現場の実機を動かすのではなく、ソフトウェア上で設備のモデルを作成し、モデルに対しティーチングを行い、その結果を実機に反映する手法です。
ティーチングに関する上述の様な課題の大幅な削減が期待でき、各ロボットメーカーやソフトウェアハウスなどから様々な製品が販売されています。

しかしオフラインティーチングにも運用までに課題があります。

・ティーチングソフト自体の仕様を把握する必要がある(ソフトの操作自体が難しい)
・独自の設備やマテハン機器の場合、再現に更に高度な操作が必要(3D形状をもとにソフトウェアを使いこなし独自動作を再現していくことになる)

・周辺機器の影響の検証が不可能もしくは困難
などなど…

このようにティーチングの効率化ソリューションを導入しようと思っても、なにかと課題が多いのが実情です。

「DXティーチング」は実機もプログラミングも必要ない画期的なオフラインティーチングを実現します。

DXティーチングとは

「DXティーチング」はEmulate3Dの機能の一部を使ったティーチングプログラムを作成・検証できるITAGE独自の追加機能です。
CADデータがあればプログラミングなどのハイレベルなITスキルや、ソフトウェア固有の操作スキル無しにティーチングプログラムの検討、デバッグを素早く実施できます。

DXティーチング 概要

CAD Is The Model機能で3DCADに直感的に動作付け

ティーチングに必要な機能を仮想HMIから実行可能

ティーチングとデバッグ用の機能を用意

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

企業がテクノロジーを利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させるデジタル技術を用いた革新的な進歩・技術の総称です。
非常に概念的な毛色が強い言葉ですが昨今の製造業におけるスマート化において頻繁に用いられる言葉です。

ティーチングの課題を解決!!

DXティーチングはティーチング業務の課題は勿論、オフラインティーチングの課題も解決できるソリューションです。

ソフトの操作が難しい

仮想HMIから簡単操作!

設備の再現はソフトの習熟の上で可能

CADに直感的に動作定義が可能!

その他の設備の再現が難しい

幅広い対応拡張子、あらかじめ用意された周辺機器

各設備ごとに勝手が異なる

様々なプログラム、ミドルウェアと通信可能

機能概要

3DCADからデジタルツインを高速実現!

3DCADに対し関節部分を直感的に動作付け!
実機制御プログラムとの接続も表計算ソフトを利用し簡単実現!!
※動作付けに関する詳しい説明はこちらCAD Is The Model

デジタルツイン エミュレーション

ティーチングに必要な様々な機能を搭載!!

動作付けしたCADを仮想HMIから操作可能!
様々な機能をソフト内に配置されたHMIから実行できます。※HMIはVRでも操作可能です。

接触検知

軌跡表示

軸値出力

ダイレクトティーチング(VRも可)

スライダー(巻き戻し)

MT計測

等々に対応

更に対応設備・機能を拡張予定!!!

簡単操作で設計と同時に調整スタート! !!

実機制御プログラムと接続したデバッグにも対応!
動作の割付も表計算ソフトベースで簡単設定!
複雑なアセンブリ構造でも素早く紐づけられます

DXティーチング エミュレーション

CADデータがあればティーチングを実行できるので、設計を終え試作段階に入ると同時に制御プログラム検証を開始出来ます

コンカレントエンジニアリングを実現!!!

DXティーチングを使えばティーチング業務に必要な様々な項目を机上で検証出来ます。
ティーチングに関する課題を感じている方は是非一度お問い合わせください。

「Emulate3D」は製造業・物流業向けに開発されたシミュレーションツールです。
充実した機能で業界の様々な課題にお役立ていただけます。
「Emulate3D」についてもっと詳しく知りたい方は下記リンクをご覧ください。