[Emulate3D]セミオートライン


ライン設計においてこんな課題を抱えておりませんか?

・ボトルネックになる工程が分からない
・現状業務でのシミュレーションは手計算であるため、現実の値と乖離が生じる
・複数回のシミュレーションが必要なため、検討に時間がかかる

生産目標を達成するための最適なレイアウトが分からない!!

こういった課題に対して想定される対策・検証には様々な障壁があります

監視する作業員を増やす

適切な増員数が不明

シミュレーターを使用する

使い方が難しい

効率的なレイアウトを模索する

膨大な時間がかかる

自動化の検討

費用対効果が不明

設備や機器のデータを溜める

活用方法が不明

セミオートライン」を使えば
これらの課題や障壁を全て簡単に解決できます!!!

「セミオートライン」はEmulate3Dの機能の一部を使った、製造ラインをシミュレーションできるITAGE独自の追加機能です。
製造業のライン設計を、机上で簡単かつ超高速にシミュレーションすることができます

製造業,ライン設計,製造ライン,生産ライン,ラインシミュレーション

表計算ソフトに入力情報、接続情報をいれるだけで工程を再現

レイアウトは表計算ソフトからインポートでセミオート生成

超高速シミュレーション

様々な結果が出力できて、分析に活かすことができる

機能紹介

シンプルな手順

表計算ソフトの入力情報のページに、
共通内容」「ワーク発生機能」「ワーク削除機能」「分岐機能」「合流機能」などを数値やドロップダウンで入力します。

Excel,機能,生産技術,生産管理

次に、接続情報のページに移ります。一括工程作成をクリックすると入力情報から自動で工程が作成されます。
下の画像の青い四角形が一つ一つの工程です。その工程を繋げて完成させます。

工程,生産技術,製造,見える化

超高速シミュレーション

Emulate3Dでの特殊な操作を殆ど行うことなく超高速でシミュレーションできます。
24時間分のシミュレーション結果が約1分で出力できるため、他の作業の時間を確保することができます。
シミュレーションと分析を繰り返すことにより、最適なレイアウトを見つけ出すことができます

効率化,コスト,コスト削減,削減,作業員
シミュレーション,生産ライン,チョコ停,改善,歩留まり

様々な結果を表示!!

・生産数
・ラインシステムの稼働率
・工程ごとの稼働率
・設備ごとの故障発生数
・設備ごとの稼働率
・設備ごとのアイドル時間

を出力することができます。
製造ラインのボトルネックとなる工程を発見し、改善することができます。

生産,分析,生産性,向上

詳しい使い方はこちらの動画をご覧ください。

セミオートライン」でライン設計をスムーズに
ライン設計に関する課題を感じている方は是非一度お問い合わせください。

「Emulate3D」についてもっと詳しく知りたい方は下記リンクをご覧ください