Demo3DVR


CADソフトのリボンメニューに追加されるボタンを押下するだけで、CADデータをVR表示することが出来ます。
CADデータの周囲や内部の移動、スケールの変更が行える為、ディスプレイ越しでは確認しづらい視点での確認が可能です。

加えて、Emulate3Dの機能「CAD Is The Model」の一部が追加されており、パーツやアセンブリにジョイント(可動部)を定義し、VR環境下で動作させることが出来ます。

また、CADデータをraw3dフォーマットで保存できるため、Demo3DViewerが使用可能です。
raw3d:Emulate3D独自の3Dアニメーションフォーマットです。視点切り替えや3D立体視に対応しています。
Demo3DViewer:raw3dのビューアアプリケーションです。各社アプリストアから無料でダウンロードできます。

下記動画はEmulate3D社が提供している動画を和訳したものです。

対応3DCAD

Demo3D VRが対応している3DCADは以下の5つです。

  • SOLIDWORKS
  • Autodesk Inventor
  • Autodesk Revit
  • Autodesk Navisworks
  • Creo Parametric

VR機器

VRを利用するためには別途VR機器をご用意ください。
「HTC」や「Oculus」等各ハイエンドVR機器に対応しております。

Emulate3DのVR機能紹介はこちら

ライセンス形態

Demo3DVRでは以下3つのライセンスがあります。

  • Evaluation – 無料評価版 –
    評価用の無料ライセンスです。全機能が利用いただけますが、VRビュー1回につき30秒の制限がございます。
  • Trial – 無料体験版 –
    期限付きの無料ライセンスです。7日間全機能を利用いただけます。オンラインで起動する必要がございます。
  • Perpetual –有料永続版 –
    永続ライセンスはノードロックタイプです。初回のみオンラインで起動する必要があります。

※ノードロックライセンス…ソフトウェアをインストールしたコンピュータ本体以外ではライセンスを使用出来ません 。
※インストーラは現ページ下部のフォーム入力後にご案内致します。

資料

Demo3DVRのフライヤーは
こちらからダウンロードできます

Demo3DVRのライセンス申し込みは
こちらからご依頼ください