Emulate3Dとは


Emulate3Dとは物理エンジンを備えた産業用シミュレータです。
物理の再現により正確なシステムのシミュレートを可能としており、世界各国で多くの導入実績を誇ります。
また、レンダリングが行えることから綺麗な3Dが作成でき、プレゼンテーションツールとしてもご活用頂けます。

デモンストレーション 製造業 物理業 プレゼン

プレゼン力を上げたい

3Dの分かり易い動画でソリューションを説明
VRを使ったプレゼンで他社を差別化



利用者層:営業部

シミュレーション 製造業 物理業 検証

工場・倉庫を効率化させたい

ロボットのサイクルを計算し設備のムダを省く
VRを使ったプレゼンで他社を差別化



利用者層:物流業/製造業/倉庫業

エミュレーション 製造業 物理業 デバッグ 機器 デジタルツイン

実機制御をデバッグしたい

制御機器を仮想空間で作成し完成度の高い状態で実機作成
手戻り工数、再作成コストを削減


利用者層:制御システム開発者/製造業


3分でわかるEmulate3D


Emulate3Dが選ばれる理由

Emulate3D 操作 コンベア コンベヤ

簡単な操作性

使いやすい!搬送処理が5秒で完了!

カタログと呼ばれる部品(作業員、フォークリフト、コンベヤなど)が予め用意されており、配置・設定するだけで動作します。
また、GUIでの視覚的な操作を実現し、カタログを出す際のドラッグアンドドロップなどPCとして基本的な使い方を採用しています。ドラッグアンドドロップでカタログを配置し、コネクタと呼ばれる接続部を繋げるだけで動作するので、操作の上で専門的な知識は必要ありません。

レンダリング 3D動画 プレゼン

ビジュアル

シミュレーションソフトで随一の綺麗さ

特別な操作をしなくても綺麗な見た目で動画を作成することが可能です。またレンダリングツールを利用することで、よりリアルな3D動画の作成ができます。

シミュレーション カスタマイズ

カスタマイズの柔軟性

プログラミングが苦手な人も簡単にカスタマイズ可能

カスタマイズの方法としては、C#、JScript、QLPがあります。C#とJScriptはプログラミング言語ですが、あまりプログラミングをしない方にはQLPというビジュアル的なUIでのカスタマイズ方法があります。ブロックを追加・削除・変更するようになっており、視覚的なカスタマイズが出来ます。

CAD 3D 2D 図面

インポート/エクスポート

CADのデータをそのままEmulate3Dで利用可能

図面や建屋のデータなど、Emulate3Dに簡単にインポートすることが出来ます。詳細はパンフレット参照。

オールインワン

別々に用意する必要なし!Emulate3D一つですべて完結!

例えばデモ動画を作成していて、更にシミュレーションも行うことになった場合、シミュレーション用のソフトを新たに購入し、モデルを再作成することになり非常に非効率的です。その点、Emulate3Dで作成したモデルをそのままシミュレーション(Sim3D)にも、エミュレーション(Emulate3D)にも利用出来ます。
ソフトを追加で購入する必要も、モデルを作り直す必要もありません。

VR機能

目の前に広がるリアルな仮想空間で疑似体験

全エディション搭載のVRボタンをクリックするだけで、自分の作成したモデルがVR(仮想現実)として目の前に現れます。
自分が歩いたら目の前の仮想空間も歩いている景色になります。流れている荷物を掴む、持ち上げる、置く、更にフォークリフトに乗り込む、機械の電源を入れることなど様々な事が可能です。VR機能はユーザーの使い方次第で様々な可能性があります。

AutoCAD連携

必要なのはAutoCADの図面だけ!3Dモデルを自動生成!

2DのCAD図面を取り込むだけでEmulate3Dのレイアウトが完成します。またシミュレーションする際にも2Dを見ながら3Dのレイアウトを起こすという手間が省け、大幅な時間短縮になります。


利用者の声

Demo3Dユーザー:Swedish Post様

Sim3Dユーザー:Intralox様

Emulate3Dユーザー:Retrotech様

Emulate3Dユーザー:Daihuku Webb様