活用シーン


デモンストレーションモデル(Demo3D)


VR

マテハンを目の前で仮想体験できる!

VRによる疑似体験がEmulate3Dで可能になります。工場、マテリアルハンドの可視化によって、より簡単にイメージを伝えることが出来ます。展示会やプレゼンテーションの時など、インパクトを与えたい時に有効的です。

提案動画作成

Emulate3Dによる綺麗な動画で客先にプレゼン!

実際にデモンストレーション用に作成した動画になります。Emulate3Dは特別なプログラミングの必要がなく簡単なモデルを作成することが出来ます。

運用変更の事前共有

Emulate3Dで運用変更の共有が早く簡単に出来る!

運用の変更をする場合に、Emulate3Dで動きのモデルを作成し見せるだけで、変更する前に変更点の共有が可能です。参考動画のように複雑な動作でもEmulate3Dの動画があればすぐに理解して頂けます。

シミュレーションモデル(Sim3D)


TC(トランスファーセンター)

複数の端末にワークを転送し大規模シミュレーション案件も対応!

大規模な倉庫のシミュレーションを行う場合に物流シミュレーションソフトを動かす端末に能力的な限界があります。しかし、Emulate3Dでは複数台の端末を利用し、ワークを転送することで大規模モデルを動かすことが可能です。

自動倉庫運用単体

自動倉庫の入庫ピッキングを作業者とロボットで比較!

入出庫が増加した場合、または減少した場合に、人とロボットどちらの能力が高いのかシミュレーションし、ピッキングに割り当てるべきか比較することが出来ます。

仮想空間での試作動作確認(物理設定)

物理的な動きのマテリアルハンドもEmulate3Dなら見れる!

新しいマテリアルハンドを開発する場合に、Emulate3Dでモデルを作成して、有用性や実現性を確認してから実際に開発に移る、ということが可能です。手間やコストが少なく、非常に効率的です。Emulate3Dは現実に忠実な物理を再現することが出来ます。

ピッキング作業

シングルピッキングとマルチピッキングを比較!

Emulate3Dでカスタマイズを行うと、ピッキングの種類を変更することが出来ます。参考動画は同じデータでシングルピッキングとマルチピッキングを使い、どちらが生産性が高いのか比較しています。

エミュレーションモデル(Emulate3D)


仮想空間での試作動作確認

Emulate3Dで作成して動作を確認してから開発に移れる!

新しいマテリアルハンドを開発する場合に、Emulate3Dでモデルを作成して、有用性や実現性を確認してから実際に開発に移る、ということが可能です。手間やコストが少なく、非常に効率的です。